ファイナンシャルプランナー(FP)林繁裕
社会保険労務士ページ
ファイナンシャル・プランナー・社会保険労務士の林繁裕です!

はじめまして、HPをご覧いただきありがとうございます。

「ファイナンシャル・プランナー(FP)」とは人それぞれの「夢」「希望」といったイメージを
お金の面から実現できるようにサポートし、「不安」「悩み」を解決できるように、
総合的で長期的な観点からアドバイスをする仕事です。

群馬県を中心に埼玉県、東京都でファイナンシャル・プランナー(FP)
社会保険労務士(FP社労士と略します)として個人・企業のサポートをしております。

大学を卒業して研究職を目指した私が、
FP社労士として仕事をするとは思ってもいませんでした。

縁あって、国内大手の保険会社に勤めることになりましたが
そこで疑問に感じたことがありました。

金融機関でありながら、いろいろなお客様のニーズに全て応えると、 自社商品が販売できなくなる、しにくくなるという矛盾や、 所属長として部下の給与を考えると、 なんとしてもこの商品を販売、手助けしてあげなければいけない・・・

つまり、会社のため、所属員のため、不都合な部分は話さないようになっていたり、
良いことばかりを強調して説明する。このようなことも少なからず出てきます。

商品を販売して利益を上げるのですから、仕方のないことかも知れませんが、
クレームもその分多くなります。これはおかしな現象です。

顧客満足主義と、どの会社も表には現していますが、1社の商品で、
その会社の保険商品や金融商品だけで顧客満足させることができるかと言うと、
それは不可能に近いと肌で感じたのです。

心の中で「私の求めている仕事はこのような仕事ではない」と。

金融機関時代に取得したFP資格がきっかけとなり、私は独立を決意したのです。

金融機関時代に30以上の試験を受けていたことも独立の自信になりました。

総合的な知識を生かすには、
「FPとしてどの会社にも属さないことで中立性を保つこと」ができる。

「真実を知りたい人には、真実を伝えたい」その一言につきます。

その後、ワンストップサービスを提供したい思いから、
社会保険労務士試験にチャレンジし、現在はFP社労士として個人だけでなく、
法人のサポート・法人の従業員教育などを幅広く行っています。

どうぞよろしくお願い致します。

相談者の声より

知人には言えない(聞けない)家庭のお金事情、相談は迷いましたが、 FPに話しを聞いてもらえて最終的には、 たくさんの我が家の道しるべが太陽の光のようです。 霧がはれてスッキリしました!

FPに相談して夫婦の共通の会話ができるキッカケとなりました。 夫がこんなことを考えてくれていたなんて・・・ FPのような第3者が入ることで普段聞けないことが聞けました。

資産がない人には資産管理は関係ないと思っていましたが、 お金がないから将来の夢をあきらめるのではなく、どうやって夢をかなえるのか、お金の使い方や 運用を一緒に考えてくれる人がここにいることを知りました。

有料相談なんてもったいない・・・
逆でした。有料だから、何でも中立的な物事の見方で、事実を教えていただくことができました。 相談料以上の節約ができました。相談料はもっと高くてもいいと思います。

様々なご意見、ありがとうございます

私は、独立系ファイナンシャル・プランナーとして・社会保険労務士として
全力で、個人・企業のバックアップをさせていただきます。


企業経営者の方や社会保険労務士業務の詳細はコチラ↓
林繁裕社会保険労務士事務所HP
ファイナンシャルプランナー/社会保険労務士には
職業上の倫理規定および守秘義務があります。
お客様の個人情報は厳重に取扱い、
許可なく第三者に開示することはありません。
ご安心してお気軽にお問い合わせ下さいませ。