ファイナンシャルプランナー(FP)林繁裕
社会保険労務士ページ
住宅購入・住宅ローン相談
住宅ローンに関する相談を専門領域の1つとしている
FP社労士・林繁裕社会保険労務士事務所の林繁裕(はやししげひろ)です。

これから「新たに住宅ローンを組む」予定をお持ちの方、
「住宅ローンの借り換え」を予定している方に、簡単なクイズです。

Q.あなたが住宅ローン3000万円を、30年間、3%で借り、 お金返していくとすると、
トータルでいくらの利息を払うでしょう?

1. 319万円
2. 957万円
3.1,553万円

それは、新車1台分よりも大きい金額です。
海外旅行を20回するよりも、高い金額でしょうね。

さて、いくらになるでしょう?
     (クイズの答えは、このページの最後です)



ここからは「3,000万円を、30年間」借りるケースを前提としてお話していきますね。

このような利息を中心とした総コストは、ローンの選び方や組み方の違いによって、
いくらの損得の違いが生じるのでしょうか?

はっきり言って、100万円以上の違いが出ることは珍しくありません。

諸費用も含めたトータルでは、500万円以上の損得が違ってくるケースもあります。
(例えば、3,000万円を1%ほど不利なコストで借りると、1年間で30万円を余計に払うことになりますから…)

さらに質問ですが、あなたは住宅ローンの「諸費用も含めたトータル」の
コストの概要についてご存知ですか?

ズバリ、住宅ローン関連コストのベスト3はコチラです!

1位 金利コスト 約1~3.5%/年
2位 団信コスト 約0.3%/年(不要な場合あり)
3位 保証料コスト 約0.2%/年(不要な場合あり)

これ以外にも、抵当権設定費用(登録免許税)と司法書士の報酬、印紙税、火災保険料などがありますが、 ベスト3に比べると小さなものと言えます。

ですから、長期的に見て《住宅ローンの3大コスト》の合計金額を抑えられる住宅ローンの選択とプラニングが基本となります。



では、《住宅ローンの3大コスト》の合計の年間水準は、
現時点でどのくらいかご存知ですか?

●全期間固定タイプ:3%前後 (フラット35)
●短期間固定タイプ:1%台前半(キャンペーン金利適用時)

目先だけ考えると、長期固定よりも金利が2%近く低いタイプ、 例えば「3年固定1%のキャンペーン」などを利用することで、 最初の3年間で180万円近くトクすることになります。

これは非常に大きなメリットです。(別の言い方をすると、長期固定型のローンは《金利上昇リスク》を抑えるための保険料を余計に払っているようなものです)

しかし、そのような形のキャンペーン商品を利用する場合、

・固定期間の終了後、どのレベルまで金利上昇の可能性があるか?
・固定期間の終了後、金利が上昇したときの対策はどうするか?

・・をシミュレーションしておく必要があります。

そして、金利上昇時の対策を本格的に考えるためには《住宅ローンの選択・プランニング》を行うタイミングで、 家庭全体の収入や支出、貯蓄残高の推移をリアルに予想できるライフプラン(ファイナンシャルプラン)を作るのがベストです。

この作業は、半日以上を掛ければひとりで行うことも可能です。

※エクセルを使いこなせる人なら一定の程度の精度までは可能ですが、 将来の様々な支出を《現実よりも少なめに》見積ってしまい、 実際は返済が非常に大変になるケースもありますのでご注意ください。

※住宅ローンに関する情報をネットで収集してご自身で行う場合は、 審査が厳しい金融機関が有利な条件を公表しているケースがあります。
ムダな労力を使い過ぎて消耗しないようにしてください。



将来を真剣に考える、慎重で知的な方は、中立的な専門スタッフによるFP相談の利用をおすすめします。

住宅ローン相談に関する体系的な知識を持った中立的な専門スタッフのサポートを受けながら、

住宅ローンの選び方、組み方の分析とプランニング
住宅ローンを組んだ場合の本格的なライフプラン作成
・・を本格的に実施したい方、とくに

・公庫が11年目を迎える
・当初2~3年の固定金利が終わる
・新規住宅購入

・・などで金利上昇の不安をお持ちの方は、「住宅ローン相談」の説明をお読みのうえ、
まずは初回カウンセリング(60分)をご予約ください。

※新規購入の場合、初回相談は住宅購入の決断前にお越し頂いたほうが安心です。


借りた後のご相談が多い・・・ その場合、借りたい銀行、金利が発見でき見つかった場合でも、すぐに変更などできない場合がほとんどです。
サービスの流れと料金
住宅ローン相談
1.住宅ローンの個別相談(初回カウンセリング・約60分)
・住宅ローンに関する基本事項の確認、必要に応じてレクチャーを提供。
 住宅ローン設計に対する、様々な個別の希望をお聞きします。
 必ず押さえておくべきポイントに関してアドバイスを提供します。

・将来の支出や収入に関する情報をお聞きして、明確にします。
 住宅ローン以外の支出が大きくなるタイミングも把握します。

・過去から現在までの金利水準、今後の金利水準の見通しや金利上昇の対策に関する
 お話もいたします。

※初回相談では即日診断(その場で最終結論の提示)は原則として行いません。


専門のFPによる初回相談(住宅ローン相談)の料金

【特別料金】本日より14日以降の相談予約:3,000円+消費税
【通常料金】本日より13日以内の相談予約:6,000円+消費税

※FPのスケジュールの都合により、7日以内の相談予約はお受けできないケースが
 多く生じています。お急ぎの方はご注意ください。
※新規購入の場合、初回相談は、住宅購入の決断前にお越しください。
※初回相談後に「住宅ローン相談」を申込みされる場合は、いずれの場合も初回相談料は
 相談料金から差し引きとなります。

初回相談後の流れ
住宅ローンの個別相談(初回カウンセリング・約60分)
住宅ローン個別プランの分析および作成
 ・住宅ローンを組んだ場合のキャッシュフロー・シミュレーションを作成します。
 ・お客様の希望に合った個別の住宅ローン商品を詳しく分析します。
 ・住宅ローンの選択、組み方に関する具体的なプランを作成します。

住宅ローン個別プランの提案
 ・住宅ローンを組んだ場合の、家計全体のキャッシュフロー、詳細なシュミレーションの
  結果をいっしょに確認していきます。
 ・住宅ローンの選択に関する具体的なアクションプランを丁寧に解説します。
  質疑応答をいたします。
 ・提案内容についてご不明な点があれば何でもお聞きください。

住宅ローン個別プランの実行サポート
 ・専門知識を持った担当FPがプランの実行完了までしっかりサポート。
 ・住宅ローンの申込み、審査、実行に際してお困りの場合はお聞きください。
 ・当事務所経由で複数の金融機関に仮審査を依頼することも可能です。
  当事務所経由で金利優遇を受けられる住宅ローンを紹介できます。
  (この2つは、地域や状況によりサポートできない場合があります)

住宅ローン実行後のアフターフォロー
 ・翌年の確定申告(新たに住宅ローン控除を受ける場合、初年度は必須)に関する
  「一般的なレクチャー」を提供いたします。
 ・1年間無償で最高12回まで電話やメールによる質問や相談が可能ですので、
  住宅ローンの返済が始まった後も安心です。

※上記1~5を全て含む「住宅ローン相談」は
 相談料金42,000円+消費税になります。
※住宅ローン相談は、10時間相当の業務を7時間相当の料金で
 サービス完了まで追加料金なく安心して利用できるのでお得です。
※提案書に「キャッシュフロー表」を含まない簡易なプランの場合、
 労力が少ない分、相談料金24,000円+消費税でお受けできます。
※初回相談の際に、料金を先にお支払い頂いている方は、
 上記の相談料金より初回相談料が差し引きとなります。




お申込みはこちら⇒ お問い合わせフォームへ

クイズの正解⇒ 3.1553万円
ファイナンシャルプランナー/社会保険労務士には
職業上の倫理規定および守秘義務があります。
お客様の個人情報は厳重に取扱い、
許可なく第三者に開示することはありません。
ご安心してお気軽にお問い合わせ下さいませ。